解約返戻金について

解約返戻金について

Category : 未分類

まず、解約返戻金についてですが、この金額は保険によって違うことはご存知でしょうか。保険によっては、これまでに積み立ててきた金額か、さらにそれ以上のお金が帰ってくる場合もあります。逆にほんの少ししか返礼されない場合も、全く戻ってこない場合もありますので、解約する際には、どのようなタイプの保険を自分は選んでいて、どのくらいお金が返ってくる可能性があるかをきちんと知っておいた方がいいでしょう。

まず、比較的多額のお金が返戻されるのが、積立型の保険です。終身保険や養老保険、学資保険など、自分自身の人生に大きな影響を及ぼすことへの保険ですね。そして、返戻金が少額、または全く無い場合が多いのが、解約返戻金抑制型と無解約返戻金型の保険です。これらは事前にそのことについて説明されているかと思いますが、どちらも保険料が安いので、多くの方が利用していると考えられます。

解約するのであれば、返戻金の多い積立型の保険ではないか、と思われるかもしれませんが、正直なところ、解約返戻金で解約する保険を決めるのは避けた方がいいことです。返戻金が多いだけ、その保険は大きなリスクの際に保証してくれるものなのです。

また、保険料が多額になりがちな人の多くは、安い保険にたくさん加入していることが多いので、返戻金は少ないかもしれませんが、解約するのであれば、解約返戻抑制型、または無解約返戻金型の保険を選んだ方がいいかもしれません。ただ、金額で選ぶということは危険ですので、一概にそれがベストな選択だとは言い難い事を忘れてはいけません。

 

 

将来的に見て本当に良いのか検証

 

もしもに備えることは大切ですが、保険に関しては備えあれば憂いなしが確実に通じるとは限らないものです。その保険が誰にとって必要なものなのかを中心に考えて見直すことがおすすめです。保険を見直すのであれば、お金の面も大切ですが、やはりその保険が自分自身に本当に必要であるかをきちんと検証しておいた方がいいでしょう。例えば、結婚や妊娠に関わる保険は、若いうちは持っておいて損はないかもしれませんが、独身生活があまりにも長くなってしまえば、結婚保険はいらないかな、と感じると思いますし、夫婦間でなかなか子供を作れない、子育てをする時間を十分に作れないかもしれない、と感じるのであれば、妊娠保険もいらないだろうと思えてきませんか?

特に、家庭を持っている方の多くはかなりの保険に加入しているかと思います。しかし、その保険が本当に家族のために必要な事なのか、何年も支払う保険金を溜めれば、学資金などは十分に貯蓄できるのではないか、保険に加入しなくともお金を貯める方法は他にはないのか、などなど疑問は多い事でしょう。保険見直しの窓口などを利用して、現在加入している保険が果たして家族に必要かどうかということを検証していくと、自然と必要な保険と不要な保険が分かってくるかと思います。